バックステージ オブ サイクリング・ブック

サイト「サイクリング・ブック」を作っていく上での諸事雑感などを書いていきます

TVのラジオ化を考えるの心だあ

こちらは旧サイトです。
本体ブログを更新しています。
サイクリング・ブック ー discover Japan by bicycling ー

雨と雨予報に閉じ込められた連休3日間、
TVにHDD録画、
TorneにAbemaTVを切り換えながら、
パソコンでアレコレと作業をしていました。

作業から時々目を上げて、
それら視聴内容を確認する程度。

なにかコレ憶えがあるな、
と思ってよく考えたら、
中高生時代の自宅勉強時間のラジオが
こんな感じでありました。

当時はラジオやテープは子供も個人で持てましたが、
TVとなると一家に一台時代。

TVというか動画をこれだけ贅沢に見る
いや正確には見ない時代が来るとは。

そんな風にして書いた本体ブログ、
更新しています。

橋田壽賀子全盛期がかってありましたが、
かの作品群のヒットのコツは、
家事で忙しい主婦向けとて、
画面を見なくても内容がわかるような
会話主体の脚本作りだったそうな。

するとこれからのTV復権の鍵は、
橋田壽賀子メソッドの脚本作りにあると言えるのかも。

TVマンのお父さんたちは、
センセイの元へ急ぐのであります。