バックステージ オブ サイクリング・ブック

サイト「サイクリング・ブック」を作っていく上での諸事雑感などを書いていきます

「公園へ行こう」、自転車で

こちらは旧サイトです。
本体ブログを更新しています。
サイクリング・ブック ー discover Japan by bicycling ー

山本夏彦の名言に
「何用あって月世界へ」
というのがあります。

自転車趣味というのも、
どこに、何の用があるのか? という問題意識にかられることがあります。
とくに急坂や疲労の時には。
(何のためにこんな坂を上ってるのだっけ? ハアハア・・・)
また、
体調や精神状態がよろしいと何処へ行っても楽しいですが、
そうでない時とか。
金のかかった自転車であると、そこらの道でも純粋に走りを楽しむことはできますが。
SNSとか見ると、どの人にもやっぱり目的地か、どこで何を食べたか、というのは、
「的」として不可欠であるようです。

で、「的」の定め方ですが。
食べ歩き(走り)や峠や観光名所、というのが多いですが、
特に食べ物に興味がない身として、
また往々にしてほどほどの近場ですませたいことが多い自分としては、
参考とするのはここです。

「公園へ行こう」
http://www.tokyo-park.or.jp

以前からちょくちょく公園を調べるときに利用してましたが、
最近、メルマガで花の盛りの時期など教えてくれるとか見たような気がして登録してみました。
まだメルマガが届いてないので、プッシュ的に使える情報として未知数ですが。
(季節柄かな?)

以前行った、とある「ナントカ緑地」では、
園内は「自転車乗車不可」と現地の利用案内にあり、
早朝だったので徐行で乗ってみたら、
園の関係者らしい人に注意された、ということがありました。
自分が全く悪いんですが。

そういう情報も盛り込んであるといいな、という希望はありますが、
許可・不許可を明確にすると、園内不可が殆どになるのでは? という気がします。
なあなあにしておきたいところです。