バックステージ オブ サイクリング・ブック

サイト「サイクリング・ブック」を作っていく上での諸事雑感などを書いていきます

初冬の朝、通勤路を・・歩く

こちらは旧サイトです。
本体ブログを更新しています。
サイクリング・ブック ー discover Japan by bicycling ー

昨夜見た天気予報は雨でした。
今日になると、それは曇りとなっていました。
雨が降って駅まで歩きになるのではないかと危惧して玄関から出ると、
その通りになりました。
雨は降っていませんでしたが、通勤用クロスバイクの後輪がパンクしていました・・・。
ココロは雨。


夜、帰ってきてからチューブの交換です。
どこかに予備のチューブがある筈ですが、
何を使っているかまず見てみないとそもそも覚えがありません。
夜の車庫にバイクスタンドを持って行き、
後輪を外してスタンドで立ててきました。


長いことメンテナンスを怠っているので、タイヤ、ホイール、
どこを持っても手が黒くなりました。
チューブ交換はホイールとタイヤをこねくり回すので、
まず手近な濡れティッシュでホコリを落としました。


空気の抜けたチューブをタイヤから引っ張り出すと、
チューブはSCHWALBE(シュワルベ)でした。
これは予備がありました。
前回のパンクの際、二組セットで購入したことを思い出しました。
SCHWALBE(シュワルベ) 【正規品】700x18-28Cチューブ 仏式 40㎜バルブ 15SV 【2個セット】

元のチューブに空気がのこっていたため、
ホイールから外す前に念のために空気を入れてみたところ、
空気抜けの音。
タイヤの横から空気が細く噴き出していました。
タイヤにわずかに穴が空いていました。
さぐってみましたが、
何かが刺さっている様子は無し。
走行中に瞬間的に何かが刺さり、抜けたと思われます。


チューブを交換し、様子を見ましたが、
再び穴が空いたようには見えず聞こえず。


気を良くして、
ついでにスプロケットを「EVERS 自転車丸洗いクリーナー」と
サイクルモードの懸賞で当たったものです)
ドライティッシュで簡易洗浄しました。

クリーナーから泡が噴出しますが、対象に近づけておれば飛び散らずに済みます。
折角の機会なので専用洗剤で洗浄したいところですが、
それはまあ正月休みにでもしましょう。


さほどキレイになってませんが、
最低限、機材劣化につながるゴミ取りはできたところで、
今日はこれぐらいにしといてやらあ、と。


後輪を街乗り愛車に戻すのは、明日の朝、としましょう。