読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックステージ オブ サイクリング・ブック

サイト「サイクリング・ブック」を作っていく上での諸事雑感などを書いていきます

没入できないお話

こちらは旧サイトです。
本体ブログを更新しています。
サイクリング・ブック ー discover Japan by bicycling ー

昔のアニメは映画の世界からはみ出た人たちが
流れ込んできたということらしいです。

そういう人たちからすると、
今のアニメ界の若手は
映画やリアルを見てアニメを造るのではなく
アニメを見て育ってアニメを描いている、
というところにあるらしい。
そんな要旨の記事を以前に見ました。

とそんなことを書いたのは、最近、
深夜枠に中国製アニメが出てきているように
見受けられるもので。
背景や業界的なことは知らず、
見たままの印象ですが。

それでそのアニメが、
おそらく日本アニメを手本にしているのですが、
日本文化とか文脈の深いところや
微妙なところのニュアンスを欠いているため、
特にお約束の記号的な描写部分に
なんだかツッコミどころの多い出来で、
気になってなかなか話に入り込めません。
(汗とか二頭身になることとか、です)

どうして欲しいという要望もないのですが、
今後数が増えてくるかもしれない予想も含め、
文化がこなれるまでのサンプル事例として、
なかなか興味深い状況なのです。

本体ブログを更新しています。

bicyclingbook.com