バックステージ オブ サイクリング・ブック

サイト「サイクリング・ブック」を作っていく上での諸事雑感などを書いていきます

歳を取ると病気の話

こちらは旧サイトです。
本体ブログを更新しています。
サイクリング・ブック ー discover Japan by bicycling ー

一般的に、
歳を取ると病気の話が多くなるようですが、
自分はまだその兆候がある気がしません。
まだそれほどの年齢ではないということか。
そこそこ年齢に相応しいガタが
あちこちに出ているのですが。

病気の話をして楽しむ(?)のは
若い頃健康だった人に多いのじゃないか、と
ふと思い当たりました。

経験したことがない新しい
自分カスタマイズのおもちゃを
手に入れたようなもんなのじゃないでしょうか。

と、そんな気づきには元ネタがあり。

川上宗薫とあと二人誰だったか、
(もしかして吉行淳之介だったか?)
往年の官能小説作家の内容を評して
「おもちゃをいじっている少年のように思える」
と著作「酒飲みの自己弁護」にて喝破したのは
山口瞳でした。
川上宗薫含め3人の山藤章二イラストが添えられ
「3大純情作家」と題してあった憶えありです。

肩凝りが段々とひどくなり、
最近は膝も固くなりがちで、
あとはあとは。

そんな中、本体ブログを更新しています。

bicyclingbook.com