読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バックステージ オブ サイクリング・ブック

サイト「サイクリング・ブック」を作っていく上での諸事雑感などを書いていきます

ぼくのおじさんだらけ

こちらは旧サイトです。
本体ブログを更新しています。
サイクリング・ブック ー discover Japan by bicycling ー

今日はヘンな岩と
ヘンな民間信仰ありで、
本体ブログを更新しています。

サイクリング・ブック ー discover Japan by bicycling ー

 

帰りの電車でtwitterを見ると、
ツイートが「ぼくのおじさん」だらけでした。
え? て感じでした。

自分の実家ではなぜか北杜夫の本があちこちにあって、
子供達はそれでもって
本の世界への広がりの一助になっていました。
トーマス・マンとか三島由紀夫とか。
山口瞳とかドストエフスキーとか。
(滅茶苦茶だ・・・)

いろいろ読みましたが、
「ぼくのおじさん」は「船乗りクプクプの冒険」と
同一カテゴリーにあり、
なんだか本が読めない時、
復帰の助走に使うリラックス本でした。 

ぼくのおじさん (新潮文庫)

ぼくのおじさん (新潮文庫)

 

 

船乗りクプクプの冒険 (集英社文庫)

船乗りクプクプの冒険 (集英社文庫)

 

 ちょっと旧友に会った気分、
とでもいいましょうか。
北氏が亡くなられた時は悲しかった・・。

本家というか北氏のリスペクトというか、
ジャック・タチの「ぼくの伯父さん」もどうぞ。
笑えて、ちょっと泣ける王道です。
「ぼくの伯父さん」シリーズや
ジャック・タチ映画への入り口に。

ジャック・タチ「ぼくの伯父さん」【DVD】

ジャック・タチ「ぼくの伯父さん」【DVD】