バックステージ オブ サイクリング・ブック

サイト「サイクリング・ブック」を作っていく上での諸事雑感などを書いていきます

強風の車道に躍り出る陽気なアイツ

こちらは旧サイトです。
本体ブログを更新しています。
サイクリング・ブック ー discover Japan by bicycling ー

屋内に居たときから風が強いとは思っていましたが、
折角の連休で晴天でもあるので、
昼過ぎ、ちょい遠乗りの積もりで家を出ました。
出てみると風の強さが予想以上でした。
雲ひとつない青い空は広がっていましたが、
雲が風で飛ばされたとしか思えませんでした。
上空の事情と地上のそれが同じかは知りませんが。

家から数キロも行かないうちに、
遠出はやめる判断としました。
オーバーグラスの隙間から目にごみは入るし、
道にゴミや折れた枝なんかが散らばっています。
なによりランダムな強風で車体がフラつくのが
恐怖そのものです。
気が済むだけ気の向く方向に自転車を走らせ、
飽きたら終わることにしました。
文字通り、風まかせ、といったところでしょうか。

住宅街の少し大きな道を走っていると、
同じく風まかせの陽気な奴がするすると躍り出て来て、
車道の真ん中でバタリと倒れました。
一度は通り過ぎたものの危ないかと思って引き返し、
そいつを歩道に抱えて降ろしてきました。

f:id:heineko:20160429130924j:plain
そいつが出てきたのとは反対側の沿道になりましたが、
コイツここまで出てきたよ、
とのご家族向けメッセージのつもりです。
サッカーでいうところの、メッセージ付きパスというやつなのです。
違うか・・・。

大通りに出ると、住宅街より風が吹き抜けるスペースが大きいのか、
突風と言ってもよいような風が横から吹き、
何度も車体が右側に流されそうになりました。
即ち車に吹き寄せられる形です。
強風で声も飛ばされるのを良いことに
「こええよおおお」を連呼しながら
這々の体で大通りから待避しました。
雨や強風には普段はサイクリングに出ないようにしていますが、
それだけに自転車歴に比べて悪天候経験は浅いところです。

大通りを脱ける直前、沿道の大きなスーパーマーケットの入り口で、
駐車場に入ろうとしていた車が前の車の
いわゆるおかまを掘っていました。
強風の中でも目立つ(?)ドン、という音に
沿道の注目を集めていました。
やっぱ風強いからなあ、というわけでもないでしょうが。
早々に切り上げるに越したことはなさそうです。

以上、
悪天候経験の浅さを痛感した日ではありましたが、
そこを強化しようという気には、正直なれません。
自転車事故の経験者としては、
サイクリングで怪我をすること体調を悪くすること、
これを自分に禁じる姿勢で、
これからもいきたいと思います。

無事コレ名馬。


<今日のひとネタ>
昨日に続き、「サイクルベースあさひ」さんから。
半袖のレインウェア。

腕が冷えるとどうなんだろう? と
足・腕の冷えに弱い自分は思ったのですが、
スポーツマンが長距離乗る条件では、
やはりニーズ自体が違うものなのかもしれません。
蒸れないのは間違いないのでしょう。
よく考えたら、
雨・風を避ける自分はあまりよくわからない分野でした。