バックステージ オブ サイクリング・ブック

サイト「サイクリング・ブック」を作っていく上での諸事雑感などを書いていきます

自転車で街なかの川辺巡り

こちらは旧サイトです。
本体ブログを更新しています。
サイクリング・ブック ー discover Japan by bicycling ー

自転車で走ると寒い。
スピードが出ると風が吹いているのと同じになるから。
(もう少し頭のいい言い方はないのか・・)
ではスピードが出なければ寒くはないだろう。
冬は景色の楽しみも落ちるので、遠出をする欲求も高くない。
近くで済むならスピードを出す必要はない。
では近くでゆるゆると走れるネタとは何か?
と自問をして、
昨年夏の早朝にときどきしていた川縁の朝ポタを思い出しました。
今年の夏は忙しくてそんな乗り方をできなかったのですが。

そういうわけで、
一昨年の川縁の朝ポタ履歴の細切れをつなぎ合わせたのがこれ。

 

 

 ※ 川に沿った遊歩道や公園部分など、
   データ上で道路として辿れないところは多々あり。
   迂回して表現されていますが、解釈してください。

スタートは井の頭公園の端から、
神田川沿いに川下りです。

爽快でした。

夏にのんびりと走ったときには。
今回もスピードこそ出していませんでしたが、
そして風も吹いてませんでしたが、
如何せん冬の早朝の川縁は寒かった・・・。
一応、覚悟はしてましたが。

風景も悪くはないのですが、
光が足りず。
水を楽しむのはやっぱり夏だと痛感した次第です。

f:id:heineko:20160102081502j:plain

それでも朝のランナーとか、
年寄りの早朝散歩とかがそこそこいるもので、
スピードアップをするのも気が進まず。
折り返しで和田堀公園にさしかかるあたりで、
ようやく少し気温が上がってきました。

 

f:id:heineko:20160102082138j:plain

和田堀公園側が目には楽しいです。
水鳥もこちらの方がおおかったですね。
エサ取りに潜る鴨のおけつが見られます。

f:id:heineko:20160102083223j:plain

早朝の猫の集会を目撃。
しかしどう考えても寒い筈。
近くを鴨も泳いでるので、
いつか狩る計画を練っているか、
あるいは男子高校生がつるんでるノリなのか。

f:id:heineko:20160102083516j:plain絵に描いたようなサイクリングコースです。
これがずっと続くといいのですが、
まあこんな場所もある、というサンプル。

高低差もなく、ママチャリでも辿れるコースですが、
とにかく寒かった。
夏にやりなおします。
冬ポタのテーマは考え直さないとなりません。