バックステージ オブ サイクリング・ブック

サイト「サイクリング・ブック」を作っていく上での諸事雑感などを書いていきます

坂道が苦手な人には

こちらは旧サイトです。
本体ブログを更新しています。
サイクリング・ブック ー discover Japan by bicycling ー

坂道が苦手な人に効くクスリは。
ずばり、ロードバイク。
そのココロは。
自分がクロスバイクで自転車に乗り始めた頃、
坂道が苦手だったから、です。
ロードバイクに乗っていたら、いつの間にか、坂道が好きになっていました。
得意、とまではとても言えませんが。
本当に、いつの間にか、だったので、(急に、ではなく)
自転車初心者となった友人から「坂道が苦手で」と聞くまでそれと自覚がなかったほど。
いやさすがにそれは言い過ぎですが、いつから自分は坂好きになったのか? と、はたと気づいたのは事実。
では、坂道に対して、クロスバイクとロードバイクでは何が違うのか?
また考えてみました。

新訂版 タモリのTOKYO坂道美学入門

新訂版 タモリのTOKYO坂道美学入門

 

 いくつか思いついた違いをピックアップしてみました。

 ・日常用クロスバイクでは坂を登りたいとは思わない。
 ・椅子が人を座らせる、というようなアフォーダンス理論と同じく、
  ロードバイクには人を遠くへ、あるいは速く走らせる作用がある。
  坂道においては、それが上方へのベクトルとなる。
 ・よい自転車はマシンによる限界が知覚しにくく、自分の体力次第。
  なので、マシンに慣れたり脚力がついたりすると
  自分の限界まで能力を使ってみたいという意欲が無意識に湧く。
こんなところでしょうか。
ロードバイクに乗って、お試しください。


オランダは自転車大国ですが、
平坦が多く、実のところ退屈でもあるらしいです。

今や自転車先進国の英国・ロンドンも同様らしく。

あくまでも伝聞ですが。


遠くへ行きたければ、
必ずぶち当たる壁、いや坂。
音楽にイントロやサビがあるごとく、
遠出のエッセンスのひとつであります。
味わえるととても美味。
そんな考え方もあります。

大江戸坂道探訪   東京の坂にひそむ謎と不思議に迫る (朝日文庫)
 

 <今日のひとネタ>
先にも出たロンドン。
まあ坂がなくても歴史遺産があればいいですよね。

自転車オーナーと借りたい人をマッチングさせる「スピンリスター」 新しいシェアのスタイル - cyclist