バックステージ オブ サイクリング・ブック

サイト「サイクリング・ブック」を作っていく上での諸事雑感などを書いていきます

拘泥

こちらは旧サイトです。
本体ブログを更新しています。
サイクリング・ブック ー discover Japan by bicycling ー

カイシャで、ブレストってのやーたわけだ、今日。
それはいいんだが。


アメリカ人のクルマ扱いのひどさは、って話になった。
それを聞く僕は、大学時の、サークルのボックスに座る僕に戻っていた。
となりのボックスの男子学生の声が語っている。
「アメリカのクルマのバンパーは日本の車のバンパーとは違うからね」
「思想が違うんだよね」


僕は猛然と腹をたて、
数日間、顔を合わせる親しい友人には片端から
このなんでもないエピソード未満エピソードを話し、
「何が思想だ。思想なんか一切関係ねーよ」と
吐き捨てていた、
というエピソードとなっている。


「思想が違うんだよね」男の話を聞いていたのが、
おそらく女子学生であったとか、
男の話し方だとか、
「思想」という単語そのものとか、
いろいろ着火点はあったのだ。


僕も大人になった。
とはいえ、怒りにくくなった。というわけでもなし。
怒るポイントが昔とは違うだろう。
小爆発を頻発するようになったかもしれない。
不発であり、いつか大爆発があるのかもしれない。
導火線がわかりにくくなったかもしれない。
導火線は腐ってしまったかもしれない。


今、僕は、何もわからないでいるのが僕なのだ、
というひどく憂鬱な低空飛行を延々続けているのだ。
大殺界まだまだ続く。