バックステージ オブ サイクリング・ブック

サイト「サイクリング・ブック」を作っていく上での諸事雑感などを書いていきます

花も刀も

こちらは旧サイトです。
本体ブログを更新しています。
サイクリング・ブック ー discover Japan by bicycling ー

ここ何日か、仕事で「新・平家物語」を読んでいる。
正確には、データを見てるんだが。
だが、さすが吉川英治、いくらデータとして版面や文字を追ってみんとしても、
いつの間にやら、読んでいる。うまい、うめえなあ。
巨匠をつかまえてだが、あえて。そうとしかいいようがない。
戦(いくさ)に行きたくなる。
名をあげたくなる。
討ち死にしたくなる。
文を読まず、データとして見ることに研鑽を積んできて、
そのあげく。
(大げさな!)


昔、束の間同僚になった女の子がいて、
業務で扱う書籍のデータをつい読んでしまうと言っていた。
僕もそう、同僚のTは完全にデータとして読めるらしいけど。
僕は駄目なんだ。仕事には良くないんだけど。
おんなじだ。よかった。
女の子はそう答えた。


よかった、の意味は。
僕には聞いたその瞬間から確信があるが、
それだけだ。
それだけでよいことだ。


ワカかった、頃が終わり始めた朝の通勤風景である。