バックステージ オブ サイクリング・ブック

サイト「サイクリング・ブック」を作っていく上での諸事雑感などを書いていきます

ガステーブルではない

こちらは旧サイトです。
本体ブログを更新しています。
サイクリング・ブック ー discover Japan by bicycling ー

故・竹内均を編集長とした科学雑誌「Newton」の創刊号から数年分が実家にある。
僕が購読しておったのである。
掲載された情報が猫に小判であったことは、
購読者の中で、僕に勝る者はおそらくいない。
(昔、そんなことを、電子出版のメルマガに書いたなあ)
恐竜や古代生物や歴史関連記事のイラストを見るのを、
主な楽しみとする、たいへんリテラシーの低い読者であったのだ。


知識が身に付かぬこと笊のようだと嘆いたある弟子が、
師の本居宣長に、学問の方法を問うた。
その答えは、「笊を水に浸しておけ」
(言葉は正確ではないけど)
弟子に共感して、金科玉条にしている。
「Newton」を読み、いや見続けた効果は、
あったかもしれない。
下のような本を読むことに抵抗がないということだけでも。


パロマーの巨人望遠鏡〈上〉 (岩波文庫)

パロマーの巨人望遠鏡〈上〉 (岩波文庫)


世界最大の望遠鏡を作りたい人は読むべし。
天文台作りの醍醐味を味わえる。
天文台の立地条件から土地探し、資金調達、
レンズ・鏡・望遠鏡づくりや運搬が、ドキュメンタリーでよく理解できる。
事実が諄々と語られるドキュメンタリーなのだが、
大きいスケールと、逆に細かく記述された製作作業がうまく起伏となり、
話が時代がかっているのと併せ、
物語を読んでいるような楽しさがある。
反射用の鏡を磨きに磨き続け、
精神のバランスを崩した人物のエピソードがあり、
同情に流されない筆致もイイ。
天文台も望遠鏡もレンズも鏡も何度も作られ、
そのたびに巨大化していく連続はまるでボレロのようではあるが、
上下刊に渡って延々それが続くので、しっかり追わないと、
どれがどの望遠鏡であったかが判然としなくなる。
僕だけかも知れないが。
源氏物語式」と密かに呼んでいる。


再読しようとして、本棚を探し、
図書館で借りた本であったことを思い出した。
図書館派ではない。図書館の本はこういうときに困る、と思う。
買って読むか借りて読むかの議論はネットでも多く、
結論も出ることではないけれど、読んで楽しい好きな議論。
こういうことも電子出版のメルマガに書いたなあ。
回顧。


ハッブル望遠鏡ができた時は、ミーハー的にとても喜んだ。
メンテナンス費を惜しんで廃棄が決まった時には、
そのテの政策を推し進める希に見る愚かな大統領に、
心底腹がたったものだ。
ハッブル望遠鏡は、延命が決まったと最近のネット記事で見た。
同人物の人気取り丸出しの作戦の作用なんだろうか。



新宿のWillcomサービスセンターへ。
新宿は久しぶりだった。
向かう途中、木曜日が定休日であったのではないか
との記憶が、頭をもちあげたが、確認方法が手元になく、計画継続。
しかし予測どおり休みで、後ろからエスカレータに乗ったおじさんも、
僕と同じ空振り組で、シャッターの前でうめき声を出していた。いい人だ。
ビックカメラWillcomコーナーで、W-ZERO3機種変更時のデータ移行について質問。
相当バカな質問も混じっていたけど、親切に教えてもらえた。
なんだ、やっぱり本体購入だけでもヨカタのね。
でも12月中旬のW-SIMアップデート待ちを薦められた。
うーん悩む悩む。