バックステージ オブ サイクリング・ブック

サイト「サイクリング・ブック」を作っていく上での諸事雑感などを書いていきます

シカゴ育ち

こちらは旧サイトです。
本体ブログを更新しています。
サイクリング・ブック ー discover Japan by bicycling ー

ブロンクス育ちというのに憧れがある。
アメリカに行ったことは、いや海外にいったことはないが。
ヘンリー・ミラーとか、
外国人が雑居した地区で育って、外国人のわけのわからない行動を目撃して、
そのまま受け入れて育った、という感じの文章が好きだ。


浅学ゆえ、訳者・柴田元幸氏を知って日が浅い。



この訳者の訳書にはハズレがない。
スチュアート・ダイベックの、タイトルはブロンクスならぬ「シカゴ育ち」だが、
僕はミラーより自分に身近な感覚で読めた。
自分を、ブロンクスに憧れるシカゴ育ちの少年のように思って。
訳者曰く、
「今まで訳した中でいちばん好きな本」
シンクロできる一冊。